口元を魅力的に仕上げるのは、リップ、グロス、口紅?

口元メイク・アイテムには、リップ、グロス、口紅と色々ありますが、口元を魅力的に仕上げるには、何を使うのが一番いいんでしょう。

 

 

まずはリップ。
とくに最近は、リップと言っても、しっかりした色合いや、おしゃれなデザインのものがたくさん。
もしかして、リップとは名ばかりで実は口紅なんじゃないかとまで思ってしまうほどです。

 

 

そこで、使ってみると、実際には、色は見かけほどは付かないし、食事なんかしたら、すぐ取れてしまいました。
やっぱりリップはリップ、保湿がメインなんですね。

 

 

では、グロスはどんな感じなのかというと。
唇の縦ジワなんかをうまくカバーして、ぷっくりとした艶々の唇を作ってくれるグロスですが。
でも、付けてすぐは、たしかにぷっくりな口元でも、あまり持続力はなさそうです。

 

 

そうなると、やっぱり口元には口紅しかないということになりそうです。
口紅はというと、発色の良さや持続性に優れていることはもちろん。
中には唇のくすみやシワなんかもカバーして、なめらかで艶っとした唇に仕上げてくれるものもあるんです。

 

 

私のお気に入りのアテニア・プライムルージュがまさにそれ。
一本でもしっかり口元が決まるので、これ一本あれば安心です。

 

 

リップ感覚で手軽に使えるのも魅力です。
色合いも、とても落ち着いておしゃれな、アテニア プライムルージュ。
とくに大人の女性におすすめです。

 

 

 

 

口紅で変えよう!女性の第一印象

 

口紅とは、メイクに少しだけ花をもたせてくれるもの、という印象ですが、口紅のカラーを変えるだけで、想像以上に印象は変わると思います。
顔全体が引き締まるし、口紅だけ何もメイクしていない人も多いですが、それは非常に勿体無いことだと思います。
手を抜きがちな唇のメイクですが、自分に合うカラーというものは必ずあるので、それを見つけることから始めるのが大切です。

 

明るめ、暗め、濃いめ、薄め、可愛さ、大人っぽさ、元気さ、上品さ、口紅ひとつで、顔の印象を180度変えることができると思っています。
ただ季節に合わせたカラーだけでなく、自分にどんなカラーが似合うかをわかっていなければ、全体にまとまりがなくなってしまい、メイクをよりひどくさせてしまうパターンもあるので要注意です。
普段のファンデーションとの色の組み合わせはよいか、着ている服との相性はいいか、ここまで細かく考えて初めて、口紅のカラーが活かされてくるといえます。

 

 

 

 

 

 

秋になると使いたくなる口紅の色

 

毎年この時期になると、いろんな場所で真っ赤な口紅が印象的なポスターを見かけます。

 

なぜか物悲しい残暑から秋になるこの季節、洋服やバッグの色味のトーンがだんだんダークカラーになってきつつある街中でみるそのポスターは、まさにくちびるが主役と言わんばかりの存在感です。

 

 

暑い夏の日差しに照らされた顔には、健康的で明るいオレンジやピンクといったビタミンカラーがよく映えますが、少し肌寒い秋口には、アイラインをしっかりのアイメイク、やや青みがかったピンク系のチークをのせた上で、やはり真っ赤な口紅というのが、しっくりくるのです。同じ赤でも、混ぜている色により印象が変わり、お肌映りも違ってきます。

 

 

 

おすすめなのが、ブラウンが混ぜてある赤い口紅です。真っ赤な口紅に慣れていない人でも挑戦しやすい色味で、使い方としては、まずしっかりと保湿した後に、真っ赤な口紅をブラシ付けします。色がはっきり出るくらいにのせてから、軽くティッシュオフします。その上から、ブラウン系のグロスをなじませると、自然な仕上がりになります。